スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マガジンSPECIAL休刊に寄せて

講談社のサイトにて、マガジンSPECIAL誌の休刊が発表されました。
http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20160801magaspe.pdf

マガジンSPECIAL、通称マガスペ、
30年以上の歴史があるその雑誌の、後半10年くらいに、僕は関わらせてもらいました。

僕は田舎出身で、卒業した小学校中学校共に、現在は統廃合され、
かつて通った学び舎が無くなったりしているんですが、
これそんな気分ですよ!!!
少し前に聞かされてはいたんですが、まだけっこうショック引きずってます。

***

マガスペは、僕に「はじめて」をたくさん与えてくれた雑誌です。

忘れもしない、僕の新人賞受賞作が掲載された2004年7月号、
sha133.jpg
これです

書店で並んでいるのを見たときの、
「僕の描いた漫画が、全国の本屋で売ってる雑誌に載っているんだ」
あの感動は、いまでも鮮烈に覚えてます。

その後、5回の短期連載「イロコイ」、
そして、初めて単行本まで出してもらった、初連載作「CHIMES~チャイムズ~」もマガスペ連載でした。

映画紹介コーナー「CINEマニア」のイラストカット担当になり、試写会をめぐらせてもらった思い出もあるし、
その他4コマコーナーに何度も声をかけてもらったり、
マガスペで数えきれないほど仕事をさせてもらいました。

さらに、雑誌の表紙を初めて担当させてもらったのも、マガスペでした。
なんと4回も!

sha134.jpg
2007年5月号

mag08.jpg
2007年9月号

mag11.jpg
2007年12月号

mag14.jpg
2008年6月号

まあ、初めて…と言っても、
マガスペ以外で雑誌の表紙を描いたことはないんですが(笑)。

しかし、当時はあまりピンときてませんでしたが、
新人の初連載、それも2年たらずの連載期間で、4度も表紙をまかされるというのは、これはけっこうスゴイことです。
僕がすごいという話ではなく、
ネームバリューもない新人を表紙に使うことが、どれだけリスキーなことか。
それは、売上よりも、新人を前に出してやろう、育ててやろう、という愛情以外のなにものでもないと思うんです。

古巣、故郷、ホームグラウンド…、マガスペは僕にとってそんな雑誌です。
マガスペで仕事できたことを誇りに思います。

まだ終わったわけではなく、あと6号は出るので、
全部楽しく読むぞー!!
スポンサーサイト
[ 2016/08/03 20:50 ] 仕事 | TB(0) | CM(-)

『思春期のアイアンメイデン』イラスト集

連載作『思春期のアイアンメイデン』のイラストをまとめました。
(画像クリックで拡大します)

***************

sishu01.jpg
▲連載開始号の表紙カットです。

sishu02.jpg
▲第1話の扉絵です。
「女の子」という生き物に、思春期の男子が抱く底知れなさ、という作品テーマを表現しました。

sishu03.jpg
▲第8話の扉絵です。
たぶん掲載号あたりが寒い時期だったんだろうとおもいます。
今みるとデッサンのくるいが少々きになります(笑)。

sishu04.jpg
▲第12話の扉絵です。
キャラ単体だから余裕っしょ、とナメてたら、鉄の光沢部分にどえらい時間がかかったのを覚えています。

sishu05.jpg
▲第22話の扉絵です。
これは漫画部分からつながってる扉です。
文化祭でメイド喫茶をやるというベタな、しかし華やかな回でした。

sishu06.jpg
▲第29話の扉絵です。
お気に入りの一枚。現在このブログのヘッダー部分にも使用してますね。
当時、他誌で同時期に連載していた「KIG⊃R∩MI-キグルミ-」と単行本が同発になったのもあり、
絵の中にキグルミキャラを描きいれたりしています。

sishu07.jpg
▲第34話の扉絵です。
これもお気に入り。
この絵で初めて線画をデジタルで描いてみたんですが、思いのほかいいかんじだったので、以降も継続しています。

sishu08.jpg
▲最終話の扉絵です。
第1話の扉を対をなすようなイメージです。

sishu09.jpg
▲単行本1巻の表紙絵です。
これにデザーナーさんの手が入り、驚きのデザインに仕上げてもらいました。

sishu10.jpg
▲単行本2巻の表紙です。
この乃々愛というキャラは、描いてて楽しくなれたキャラで、
主人公には何度も「コイツにしとけよ」と思いました。

sishu11.jpg
▲単行本3巻の表紙です。
楠先生もいいキャラになってくれたと思います。

sishu12.jpg
▲単行本4巻の表紙です。
ラブコメ漫画なのに男キャラを表紙に持ってくるという暴挙。

sishu13.jpg
▲単行本5巻の表紙です。
思春期~の単行本は、毎巻、「SECRET」というシールで、キャラ絵の一部がおおわれていたのですが、
最終巻になり、キャラが「SECRET」を持って笑っている、つまり秘密がなくなった、
というのが、この変なポーズの意図なのです(SECRETはデザイナーさん側で足す)。

sishu14.jpg
▲単行本1巻発売時に、販促用に作っていただいたポップに使用したイラストです。
絵事態は連載2話目の扉絵を流用しました。

sishu15.jpg
▲これは確か、ヤングガンガン連載作が、クリスマスをテーマにイラストを描きおろし、
クオカードにしてプレゼントする、的な企画で描いたものだったような気がします。

***************

amazonへ
画像クリックでアマゾンへ飛びます。
(FC2ブログ、アマゾンへリンクはれる機能無くなっちゃったんですね?あれ便利だったのに)
未読の方、よかったら読んでみてください!
[ 2015/08/12 19:18 ] 仕事 | TB(0) | CM(-)

『KIG⊃R∩MI-キグルミ-』イラスト集

連載作『KIG⊃R∩MI-キグルミ-』のイラストをまとめました。
(画像クリックで拡大します)

***************

kig01.jpg
▲読み切り版の扉絵。
これがプロトタイプ版となり、連載化されました。

kig02.jpg
▲連載第1話の扉絵。
なんとなく市松模様を作品のイメージとして使いたいという構想が当初からありました。

kig03.jpg
▲第3話の扉絵。
どこに寝てるんですかね?でもお気に入りの一枚です。

kig07.jpg
▲第4話の扉絵。
モノクロなのが絵の雰囲気に合ってていいかんじです。

kig04.jpg
▲単行本表紙用イラスト。
作品を象徴するキャラとして、主人公を差し置いて表紙の慧ちゃん。
慧はいいキャラになったな~と思ってます。

kig05.jpg
▲単行本裏表紙のイラスト。
表紙を慧ちゃんに奪われたかなしき主人公です。
なにげに完璧超人。こういうタイプの主人公を描くのはたぶん初めてで、
初の原作つき仕事だったこともあり、新しい引き出しを作れて楽しかったです。

kig06.jpg
▲単行本表紙と裏表紙に使用したイラスト。
ベアのほうは、背表紙にも使用されました。
ラビットとベアの戦いの物語、楽しんでもらえたら幸いです。


KIGURUMI キグルミ (ヤングジャンプコミックス)KIGURUMI キグルミ (ヤングジャンプコミックス)
(2014/02/19)
渡辺 静

商品詳細を見る

[ 2014/08/19 22:42 ] 仕事 | TB(0) | CM(-)

告知もろもろ

広告けしのために更新。
おもに告知です(笑)。



19日に『思春期のアイアンメイデン』3巻と、
『KIG⊃R∩MI-キグルミ-』の単行本が同時発売になります。
2冊購入してくれた方対象のキャンペーンもある予定なので、ぜひ詳細をおまちください!

もうすぐ書影の情報が解禁になると思うので、改めてここでも公開しますが、
二冊ともすごく素敵な表紙ですよ!楽しみに待っててください。



ria-tamesi.jpg
別冊少年マガジン連載『リアルアカウント』のほうもよろしくお願いします!
第1話が無料で試し読みできるようになったので、よかったら読んでみてください。
ブログ右側のプラグインから飛べるようにしときました。



elmyokoku.jpg
さらには、27日には月刊コミックREXにて読み切り『えるむさんの悪夢』も掲載されます。
ひさびさの読み切り楽しかったです。
こちらも、単行本にまとまるのはいつ頃になるかわからないので、ぜひチェックしてみてください!



そんなこんなで、2月は渡辺の載ってる本がいっぱいでる月です。
会う人に「なんかすごいいっぱいやってない?」って聞かれるんですが、
時期をずらしてずいぶん前から作業してたものが、同時期に発表になったので、
たくさん描いてるようにみえるトリックなのです・・・ふふふ

そんなこんなで、全部買ってくれ!とはなかなか言えない量なのですが、どうぞよろしくお願いします!
[ 2014/02/11 09:27 ] 仕事 | TB(0) | CM(-)

別マガ新連載

ブログでは報告が遅れてしまいました。

新年9日売りの別冊少年マガジンより、
新連載『リアルアカウント』(原作:オクショウさん)がスタートします!

sha119.jpg
↑今月号の予告

もう忘れてる、もしくは知らない方もいるでしょう、
ぼくは最近青年誌で作品を発表させてもらってますが、
2年ほど前までは、ずっとマガジン編集部から作品を発表させてもらってたのです。
ですので、またマガジン刊の雑誌で連載できることが、とても嬉しいです。

この企画を受けるにあたって、担当編集者も年下のOさんに代わりました。
(年下の編集さんはいまだに慣れません。言いたいことを気兼ねなくぶつけられるのはいいですが・・・、
そのことに関してはまた機会があれば/笑。)

とにかく、せいいっぱい頑張りますので、
ヤングガンガン連載『思春期のアイアンメイデン』とともに、
応援よろしくお願いします!!
[ 2013/12/12 09:19 ] 仕事 | TB(0) | CM(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。