スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘブンズ・ドア

読み切りネームがほぼ上がり!
近々詳細をお知らせできると思います。

*******************

映画「ヘブンズ・ドア」を観てきました。

ヘブンズ・ドア (角川文庫)ヘブンズ・ドア (角川文庫)
(2009/01/24)
はらだ みずき

商品詳細を見る
↑はこの映画のノベライズです。

ぼくはこの映画の原作となった映画「ノッキン・オン・ヘブンズドア」が大好きなので、このリメイクに対して、けっして好意的ではなく、苦虫を噛み潰したような顔で映画館に向かったんですが…
じゃあ観るなよ、って話なんですが、それでも観ずにはおられないのが原作ファンの性、というか業ですよね。

感想はというと、別物として観ればわるくないかな、というかんじ。

原作の、陽気なロードムービー!ってかんじは無くなり、切なさを前面に押し出した印象です。
でも、相手役を少女にしたのなら、その変更は妥当な気がします。
ところどころセンスを感じるオシャレな演出も素敵でした。

でも、やっぱり、脚本的にも演出的にも、「なんでこうしたの?」という箇所はちらほら。
原作では気にならなかった…むしろ爽快ですらあった、主人公たちの数々の犯罪行為が、日本を舞台に日本人が行うだけで、とたんに罪深く見えてしまうのはなんででしょうかね…。
あと、この作品に限らずですが、感動的にしようしよう、という意図が透けてみえる過剰な演出は、もうお腹いっぱいです。

あ、福田麻由子さんはとても良かったです。
すごい可愛い。演技も上手いと思いましたし。
観てて彼女にちゃんと萌えられたので、だいぶ安心して観られました。

どうしても先入観なしには観られないので、原作を観てなかったら、また評価は変わっていたかも。

BGM:INNOCENT SORROW/abingdon boys school
スポンサーサイト
[ 2009/02/22 03:39 ] 映画 | TB(1) | CM(1)

77777HIT キリリク絵

おまたせしました!
バンガードさんからの77777HITのキリリク絵で、「盗賊ロメロのその後」です。

ill37.jpg(クリックで拡大)


右のキャラがロメロで、僕の短期連載「イロコイ」の第三話に出てきた主人公です。
ロメロは今日も、エルゼ(左の女の子)といっしょに、世界中の芸術品を奪いまくっております。

この短期連載、今となっては読めてない方がほとんどでしょうから、いつか短編集でもドーンと出して、もう一度世に出てもらいたいもんですね…。
そうなるようがんばります!

BGM:Lestat/9GOATS BLACK OUT
[ 2009/02/18 15:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

僕らはその「今」に生きて死ぬ

83.jpg

前の日記でちょこっと書いた、9GOATS BLACK OUTのミニアルバム『Black rain』を購入。

びっくりしました。これほんとに名盤です。めちゃくちゃかっこいい。
いままでの音源で一番好きです。捨て曲が一曲もない…!
とくに「in the rain」「ROMEO」が好き。

深淵にもぐっていくような虚無感と、儚げな頽廃美を感じます…。
暗闇で膝をかかえながら、ヘッドホンで聴きたい一枚。
詩集として読めるほど高級な詩世界も最高。

ボーカルの漾さんは、僕が中学生のころから活動してるくらいキャリアのある方で(デルスキュエル好きだった…!)、最近の若いバンドの到達できない芸術性と、確固たる美学を持って音楽をやっているかんじがして、すごく素敵です。
今のヴィジュアルシーンの流行りの曲調ではないけど、評価されてほしいと強く思います。

惜しむらくは、会場と通販のみ販売の限定版には、ボーナストラックが1曲入ってるということに、通常版を買った後で気づいたことですかね…。
あー、しまったなぁ…。

BGM:headache/9GOATS BLACK OUT
[ 2009/02/16 01:56 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

パラドックス学園―開かれた密室

今日は打ち合わせでした。
14日発売の9GOATS BLACK OUTのアルバム、フライングで買って帰ろうとしたら、まだ並んでなかった…しょぼん。

今日、電車のなかで読了した小説が面白かったので、ひさしぶりにご紹介。

パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)
(2009/01/08)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

ジャンルはミステリーです。
ミステリーのトリック…なかでも密室モノのトリックは、もはや出尽くして、新しいものは生まれないと言われて久しい昨今ですが、これはすごいですよこれは…!
驚天動地の大トリックです。びっくりした。
ともすれば「ふざけるな」になりかねないところを、状況設定で「なるほど」に落とし込んでいるところがすごい。
こういう○○系の作品の中では、個人的に今までで一番です。

ちなみにこの作品、「ミステリアス学園」という作品の続編らしいということに、読みながら気づいたんですが、前作読んでなくても、まったく問題なく楽しめました。

ミステリーを読みなれている人ほど楽しめると思います
普通じゃないミステリー読みたい、そんな方にオススメ。

BGM:夜想 -nocturne -/9GOATS BLACK OUT
[ 2009/02/13 23:27 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

四稲家の人々

盟友、志賀伯くんの連載、「四稲家の人々」が、ついに今月の月刊少年マガジン3月号から始まりました!!
志賀くんおめでとう~~!!
ill36.jpg
↑ヒロインの卯月ちゃん描いてみました。
第一話で、僕が一番好きなシーンです。すごい小さいシーンなんだけど(笑)
どんな状況でこんなことになってるかは、ぜひ読んでチェックしてみてください。
卯月ちゃんかわいいな~。志賀先生、もっと卯月ちゃんをはずかしい目にあわせてください!(笑)

僕は事前にネーム読ませてもらってたんですが、原稿になって、さらに面白くなってました。
マジでおすすめなんで、みなさん読んでみてください。ていうかアンケ書きましょう(笑)。僕は書きます!!


77777HITイラストのほうは、もう少し待って下さいバンガードさん!(汗)

BGM:銀猫/天野月子
[ 2009/02/09 17:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

戀想遊戯

rak010.jpg
↑なんだこりゃ(笑)

こんな、いろいろ世話やいてくれるオンナノコが突然訪ねてこないかしら。
炊事とか洗濯とか資料整理とかスケジュール管理とかしてくれて、僕がネームとかで集中したいときは、さりげなく居なくなってくれる人。

僕がネームでつまって、無理だーー!できねえぇぇ!!とヤケを起こしたときには、優しく笑って、
「あんた才能あんだから・・・がんばんなよ、ねっ?  ・・・ホラ、おいで。」
なんて、抱きしめてくれるんですよ。


・・・ああ、すいません、寝てないんです。

明日打ち合わせなのでネームやってます。
ちかぢか読みきり描くことになったので(これくらいは言ってもいいよね?)、そのネームです。

こんな奇言妄言を書いてる暇はまったくないんですけど、まぁつかのまの現実逃避ですわ。

BGM:優しい悲劇/黒夢
[ 2009/02/03 07:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。