スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

叔母殺人事件

っしゃ、3巻のカラー描き終わり!
これからCHIMES本編の作画に入ります。
思ったより良いペース。なんとか講談社の忘年会にも行けるかな。

折原一「叔母殺人事件<偽りの館>」読了。

おもっしろかったー。
今まで折原作品は何作か読んだけど、個人的にはいちばん良かったです。

この作者は、自分のカラーがつきすぎてて、やりづらいだろうなぁと思う。
読者がハナからわかってて読むので。
僕も「そう」なんだろうと意識して読んだんですけど、それでも作者の掌の上で踊らされてしまった。
くるくる踊ってました…。よく思いつくわこんなこと。

一方、プロットの見事さに比べて、地の文章が稚拙…と言ったらプロの小説家に対してものすごい失礼だけど、少しだけそういう印象を受けました。

誰かと内容について語りたくなる一冊です。
誰か読んでー!

叔母殺人事件<偽りの館> (講談社文庫)叔母殺人事件<偽りの館> (講談社文庫)
(2007/09/14)
折原 一

商品詳細を見る
[ 2007/12/12 03:23 ] 小説 | TB(0) | CM(2)

いや、読んでないんですがね・・・・・・
表紙的にすげぇ怖そうですね。。。
叔母殺人事件ってタイトルからしてすごい
[ 2007/12/12 13:10 ] [ 編集 ]

>洋さん
表紙絵は七戸優さんですね。
ぼく好きなんですよー、この人の絵!
すごい面白い作品なので、ぜひ!
[ 2007/12/20 00:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/102-26a31d0b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。