スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハサミ男

今月はじめに、法事で大分に行ったんですが、そのとき、旅路の暇つぶしに、小説を持っていっていたのです。
岡島二人さんの『どんなに上手に隠れても』。
それがすごい面白く、一気に読了してしまって、今年に入ってくらいから、時間が取られるという理由から、なりを潜めていた、読書熱が再燃。
数週間の間に、何冊か読みました。
森博嗣『四季-秋-』『四季-冬-』
殊能将之『ハサミ男』

殊能将之さんの作品は初めて読んだんですが、すごく面白かったです。
『ハサミ男』は、主人公が殺人鬼で、自分の犯行を真似た模倣犯を探し出す、という話なんですが、その設定の時点でもう勝ち(笑)。
中盤くらいに、語り口から、「あ、これ○○だ」と気づき、それが当たってしまったのが少し残念。
それでも十分楽しめました。
サイコな人の内面が素の文章で描かれてるのがイカレてて素敵。

ハサミ男 ハサミ男
殊能 将之 (2002/08)
講談社

この商品の詳細を見る
[ 2007/05/16 18:39 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/11-ea256ce8








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。