スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラインの壷

岡嶋二人『クラインの壷』と、
井上夢人『メドゥサ、鏡をごらん』を読了。

『クラインの壷』が面白かったので紹介を。

仮想現実体感装置を用いた最新鋭ゲームを開発するという話をもちかけられ、その原作者として最初のプレーヤーになってほしいといわれた青年の物語。(Wikipediaより転載)

僕自身ゲームの話を描いてたりするので、何か参考になれば、と思って読んでたんですが…
この本が新刊コーナーに置かれていたとしても、きっと疑いません(15年以上前に書かれた話なのです)。それくらい新鮮な感動を覚えました。
現実と虚構の境目で、自我がぐらぐら揺らいでいく主人公にすごい感情移入できます。

『今は、佐藤友哉『フリッカー式 ―鏡公彦にうってつけの殺人』を読んでます。
小説熱、冷めず。
活字って良いです。

クラインの壺 クラインの壺
岡嶋 二人 (2005/03)
講談社

この商品の詳細を見る
[ 2007/06/03 16:11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/19-864bc313








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。