スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイ・クロラ

まだまだ実家。
親のパソコンを借りて書いております。

映画「スカイ・クロラ」をみに行きました。

僕は原作のファンなので、原作ファンなら誰もが持つ一抹の不安を抱えながら観にいったのですが…
とくに、この「スカイ・クロラ」という小説は、ストーリーの起伏なんかよりも、森博嗣さんの圧倒的に高級な文章世界を楽しむ小説、言うなれば長編詩のようなものだと個人的に思っていたので、映画化にあたってのいちばんの不安は、原作の「空気」や「温度」が再現されてるか、これにつきました。

で、観た感想は、
「スカイ・クロラ」映画化にあたって、これ以上のものは考えられねえ!
です。

すごく満足でした。
全編に流れる空気の冷たさは、原作を読んで僕が感じたまんまでした。

大好きなキャラクター、草薙水素は、鶴田謙二さんのイラストの、ベリーショートの印象が強かったんですが、映画版のオカッパ(っていったらいいのか?)も大好きです。いや、こっちの方がすき。
女優の菊池凛子さんがあてた声も、最初「なんだこりゃ!」と思ったもんですが(笑)、次第に慣れて、最終的には「味」になっていたので、良しです。

先に観にいった人から、「難解だった」との声も聞こえてきていたので、勝手にちょっと心配(原作は一人称語りの形態なので、「独り言」で説明されている部分が多く、映画だと説明不足になるのではないかと)していたんですが、それをアイテムや展開でうまく補っていて、すごくわかりやすかったです。

それでも、やはり原作を知らず映画から入った人には、多少難解かなぁとも思いました。
そんな人には、劇場で売ってるパンフレットをお勧めします。
僕これ買ったんですが、すごくわかりやすく解説してくれてます。

僕がここ最近みた中で、もっとも原作に敬意を払っているメディアミックスだったと思います。

スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る

↑あれ、文庫のカバーが映画版仕様になってる。
これじゃなくて、一面真っ青なカバーが好きなんだけど。
[ 2008/08/18 18:41 ] 映画 | TB(0) | CM(4)

谷原さんは上手でしたねー。びっくりしました。


…谷原さんで合ってましたっけ?
[ 2008/08/19 16:26 ] [ 編集 ]

スカイ・クロラめっさ見たいっすw

原作も読んだことあるので、気になって仕方ないんですがww
本業もあり、バイトもありで・・・

休みをくださぁぁぁいwwww
[ 2008/08/24 12:53 ] [ 編集 ]

映画を見にいった関係で、原作を読もうと本屋に行ったんですが、探しても無い無い無い。
映画化された時点で、本屋の全面に押出されていると思いきや、ウチの地元では支持されてないのでしょうか。
売り切れても入荷は大分先のようです。
[ 2008/08/26 10:09 ] [ 編集 ]

●しろひさん
そうですね、谷原章介さんは上手かったですね!
加瀬亮さんもいいかんじでした。

●風間レンさん
映画スカイクロラいいですよ~。おすすめです。
「おっもしれえ!」ってタイプの作品じゃないですけど。
本業&バイトがんばってください!

●DRSさん
支持されてないんじゃなくて、売りきれてしまったのでは!
↑のアマゾンでも入荷待ちみたいですし。
スカイクロラに限らず、森博嗣作品はオススメなので、ぜひぜひ。
[ 2008/08/29 03:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/209-897c7f5b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。