パラドックス学園―開かれた密室

今日は打ち合わせでした。
14日発売の9GOATS BLACK OUTのアルバム、フライングで買って帰ろうとしたら、まだ並んでなかった…しょぼん。

今日、電車のなかで読了した小説が面白かったので、ひさしぶりにご紹介。

パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)
(2009/01/08)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

ジャンルはミステリーです。
ミステリーのトリック…なかでも密室モノのトリックは、もはや出尽くして、新しいものは生まれないと言われて久しい昨今ですが、これはすごいですよこれは…!
驚天動地の大トリックです。びっくりした。
ともすれば「ふざけるな」になりかねないところを、状況設定で「なるほど」に落とし込んでいるところがすごい。
こういう○○系の作品の中では、個人的に今までで一番です。

ちなみにこの作品、「ミステリアス学園」という作品の続編らしいということに、読みながら気づいたんですが、前作読んでなくても、まったく問題なく楽しめました。

ミステリーを読みなれている人ほど楽しめると思います
普通じゃないミステリー読みたい、そんな方にオススメ。

BGM:夜想 -nocturne -/9GOATS BLACK OUT
[ 2009/02/13 23:27 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/273-45ffd2e7