スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人『そして扉が閉ざされた』読了。

――――――――――――――――――
富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三カ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。(「BOOK」データベースより)
――――――――――――――――――

いまはやりの、ソリッド・シチュエーション・ホラーのはしりでしょうか。(ちょっと違うか)
映像化したら、面白いんじゃないかなあと思う。(されてないよね?たぶん…)
脱出劇かとおもいきや、しっかり「推理小説」しててびっくり。
すごく面白かったです。

岡嶋作品はこれで4作目だけど、今のところはずれなし。
なんだか肌に合ってるかんじ。全然古さを感じさせないです。

そして扉が閉ざされた そして扉が閉ざされた
岡嶋 二人 (1990/12)
講談社

この商品の詳細を見る
[ 2007/07/04 02:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/32-d38c90da








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。