スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

feminism

「冷凍されたある人間の心臓をガスバーナーで解凍せよ」

sha039.jpg
95年に発売の黒夢のアルバム「feminism」を聴いてます、何年かぶりに。
このジャケの清春さん大好き。

僕が黒夢で一番好きなアルバムがこの「feminism」だったんですが、だれかに貸したままなのか、なぜか紛失しちゃってて・・・、正月に実家に帰省した際、友達に借りたんですよね。

で、ひさしぶりに聴いてるんですが、やっぱり名盤ですわコレェェ!
捨て曲がないのはもちろんなんですが、なんというか、雰囲気が最高です。

メジャーデビュー直後くらいからの黒夢の白っぽいイメージといいますか、それがこのアルバムで花開いたかんじ。
収録シングルも、シングルで一番好きな「優しい悲劇」、僕のカラオケの十八番「Miss MOONLIGHT」と、珠玉揃い。
のちにリメイクされる「くちづけ」や「カマキリ」も、このfeminismバージョンのほうが好きなんですよね。

これ以降の黒夢は、どんどんパンクロック色が強くなっていって、それももちろんカッコイイんですけど、僕の好みは初期、そしてこの中期です。


「feminism」の話からは逸れますけど、今月号のフールズメイトの清春さんのインタビュー内で、「清春さんを好きだという人たちが一堂に会する作品」、よーするにトリビュートアルバムの制作が計画されているという話をしてて、テンション上がりました。
個人的にはディルアングレイに参加してほしいんですけど、無理かな。
本命はシドとアンジェロ(もしくはキリトさんソロ)、と予想しておきます。

BGM:Happy Birthday/黒夢
[ 2010/01/17 14:50 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/366-18d110a8








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。