お気に入りのジャケット

もう10年以上、カテゴライズするならヴィジュアル系と呼ばれるジャンルの音楽を聴き続けているわけなんですが、僕がそれらを聴く理由はもちろん音楽性、そしてもう一つは雰囲気・世界観だと自己分析しております。
そして、その世界観を表現できる場が、曲以外に、ヴィジュアル面・・・特に音源のジャケットです。

前回の記事でも書きましたが、ぼく的にジャケットは、音源の大事なひとつの要素なわけです。
“ジャケ買い”という言葉がありますが、僕もそれを多く経験してきた一人で、店頭で「これは!」というジャケットを見ると、それを手元に置いておきたい、と思うのです。

sha038.jpg


↑画像は、自室の壁に貼ってあるウォールポケットで、僕が素敵だと思ったジャケットのCDを入れて飾ってあるものです。
それこそ何百枚とある所蔵CDの中から、その時々のテンションで、入れ替えております。

上から、左→右の順で紹介していくと、

1、Blast 『緋い領域』
2、Deshabillz 『神従者』
3、Madeth gray'll 『十字架の結末・・・』
4、KYOKUTOU GIRL FRIEND 『禁忌』
5、幻覚アレルギー 『Dのススメ』
6、Plastic Tree 『Hide and Seek』
7、BLAM HONEY 『GRANDIOSE DELUSION』
8、Merry Go Round 『××体質』(あとポストカードとか、なぜかドル札とか入れてる)
9、Deshabillz 『透明繭~すかしまゆ~』
10、9GOATS BLACK OUT 『Black rain [LIMITED EDITION]』
11、Deshabillz 『精神離脱者』
12、deadman 『Site Of Scaffold』

ってなかんじ。
しかし改めて見ると、ダークなのばっかり揃ってるな・・・。結局こういうのが好きなんですよね(笑)

BGM:未遂/KYOKUTOU GIRL FRIEND
[ 2010/04/05 07:35 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stoicismxxx.blog103.fc2.com/tb.php/367-75ebda06